大祚栄(テジョヨン)は渤海(パレ)の初代王!/三国時代人物列伝5

 

668年に高句麗(コグリョ)が滅んだあと、その領地に住んでいた遺民たちの運命は大きく分かれた。捕虜として唐に連れていかれた人もいれば、難民として新天地をめざした人もいる。ただし、多くの遺民は旧領地に残って、志がある人たちは唐への抵抗運動を続けた。




高句麗国王の姓

抵抗運動に手を焼いた唐は、高句麗の遺民たちをバラバラに地方へ移住させる政策を強行した。無理やり流浪の民にされたわけだが、遠く東に移住していく人の中に大祚栄(テジョヨン/?~719年)の姿もあった。
大祚栄には抜群の指導力があった。同じ境遇の人たちを集めながら徐々に力をつけていき、靺鞨(まっかつ)族の一部勢力とも結託して、敢然と唐に反旗を翻した。
唐は大軍を送ってきたが、大祚栄はこれを撃破すると、東牟山(トンモサン)に城を築いて新しい国を興した。
そして、国号を「震(チン)」として大祚栄は高王(コワン)となった。
この「高」といえば、高句麗国王の姓である。大祚栄には、震は高句麗の後継国だという強烈な自負があった。




彼はことあるごとに配下の者たちをこう鼓舞した。
「我々は高句麗の子孫だ。高句麗が滅んだあと、どれほどみじめな思いをしてきたことか。しかし、大帝国を復興して、高句麗の魂をこの土地に再び注ぐのだ!」
大祚栄の気構えは凄まじかった。
周辺の異民族とも協調しながら領土を沿海州まで広げ、三国を統一した新羅(シルラ)を圧迫するほどの勢いを見せた。
(ページ2に続く)

簡潔に読む!韓国の歴史〔高句麗の滅亡(前編)〕

簡潔に読む!韓国の歴史〔高句麗の滅亡(後編)〕

朱蒙(チュモン)とは誰なのか/三国時代人物列伝1

最大の領土を誇った広開土大王(クァンゲトデワン)/三国時代人物列伝2

善徳(ソンドク)女王はこんな人だった/三国時代人物列伝3

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る