本来のホン・ギルドン(洪吉童)はどんな義賊だったのか

永遠の名声

ホン・ギルドンが出した札を見た世宗は、ホン・ギルドンを野放しにするよりも自分の配下に置いたほうが賢明だと考えた。
その結果、世宗はホン・ギルドンの要望を受け入れた。こうして、彼は妾の子でありながら高官になるという快挙を成し遂げた。
兵曹判書に任命されたホン・ギルドンだが、すぐに辞職し、部下たちを連れて遠い異国の地に旅立った。




ホン・ギルドンは旅先でも数々の困難を神秘的な術と知性で切り抜けた。
さらに、新しい国を建国し、最後は雲に乗って天の国に旅立った。
以上が「ホン・ギルドン(洪吉童)伝」のあらすじである。
この名作を執筆した数年後、作者の許筠は反逆罪で捕らえられて処刑された。
しかし、小説の主人公のホン・ギルドンの名は永遠の名声を得たのである。

構成=「歴史カン・ヒボン」編集部

燕山君(ヨンサングン)!最悪の暴君と呼ばれた国王

燕山君(ヨンサグン)の悪行!朝鮮王朝の重大な事件簿1

母の死の真相を知った燕山君(ヨンサングン)!朝鮮王朝全史9

張緑水(チャン・ノクス)の誘惑!朝鮮王朝三大悪女に迫る1

張緑水(チャン・ノクス)!暴君を意のままに操った悪女

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る