張緑水(チャン・ノクス)!暴君を意のままに操った悪女

 

朝鮮王朝人物列伝/第18回

暴君と呼ばれた10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室の1人だった張緑水(チャン・ノクス)。彼女は「朝鮮王朝3大悪女」の1人で、燕山君の傍若無人な振る舞いを助長した人物だ。そんな彼女の生涯を順を追って見ていこう。

ドラマ『王妃チャン・ノクス~宮廷の陰謀~』で張緑水(チャン・ノクス)を演じていたパク・チヨン

ドラマ『王妃チャン・ノクス~宮廷の陰謀~』で張緑水(チャン・ノクス)を演じていたパク・チヨン

幼少期の生活

張緑水は、幼少期にとても貧しい生活を送っていたが、9代王・成宗(ソンジョン)の従兄弟に当たる斉安大君(チェアンデグン)の臣下の妻となった。彼との間に息子まで産むのだが、しばらくして別れてしまう。
その後、底辺の身分から抜け出すために、張緑水は結婚している間に学んだ歌と踊りを生かして妓生(キーセン)となる。政治に興味を持っていなかった斉安大君は、自宅に妓生を呼んで歌舞を楽しむ生活をしていた。さらに彼は、妓生に歌や踊りを教えていて、何人もの妓生を育てたと言われている。そのため、張緑水は斉安大君の下で妓生として働いていたと思われる。




燕山君と張緑水の関係を取り持ったのは、斉安大君だった。すでに暴君として君臨していた燕山君は、自宅を訪ねてきた斉安大君と一緒にいた張緑水を、一目見て気に入った。臣下たちは「会ったばかりの見知らぬ女性を宮中に入れてはなりません」と反対するが、燕山君はそうした意見をすべて無視して、10歳年上の張緑水を側室として迎え入れた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る