本来のホン・ギルドン(洪吉童)はどんな義賊だったのか

義賊として活動

悲しみを抱えて旅に出たホン・ギルドン。
あてもない彼は盗賊の集落に迷いこんでしまう……。
本来なら命を落としてもおかしくない状況だが、盗賊たちはホン・ギルドンを一目見ただけで、彼が普通の人間ではないことを悟った。
そして、自分たちの頭領になるように頼み込んだ。




こうして盗賊団の頭領になったホン・ギルドンは、庶民から不当に財を奪い私腹を肥やす役人を標的にした義賊として活動を始めた。
しかし、各地で戦果をあげるホン・ギルドンを世宗は見過ごせなくなっていき、盗賊団の捕獲を命じる。
だが、神秘的な術を操るホン・ギルドンを捕まえることは出来なかった。
世宗から逃げ続けるホン・ギルドンは「自分を兵曹判書(ピョンジョパンソ/国防長官のこと)にするなら出頭する」という札を国中に張り付けた。
(ページ3に続く)

燕山君(ヨンサングン)!最悪の暴君と呼ばれた国王

燕山君(ヨンサグン)の悪行!朝鮮王朝の重大な事件簿1

母の死の真相を知った燕山君(ヨンサングン)!朝鮮王朝全史9

張緑水(チャン・ノクス)の誘惑!朝鮮王朝三大悪女に迫る1

張緑水(チャン・ノクス)!暴君を意のままに操った悪女

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る