英祖(ヨンジョ)を助けた景宗(キョンジョン)は張禧嬪(チャン・ヒビン)の息子!

心優しい兄

気が弱い景宗は老論派の強硬な姿勢をはねつけることができず、一旦は弟の代理聴政を受け入れる意向を示した。
しかし、すぐに取り消したりして優柔不断な態度を取り続けた。危機感を強めた少論派は形勢逆転を期して大勝負に出た。
それは1721年12月6日のことだった。




この日、少論派の急先鋒だった高官の金一鏡(キム・イルギョン)は、同志と連名で「老論派の高官たちが謀反を企てている」という上訴文を出した。
用意周到に行われたこの反撃によって、老論派の4人の大臣たちが罷免されて島流しになってしまった。
その結果、政権の最高職となる領議政(ヨンイジョン/総理大臣)、政権のナンバー2となる左議政(チャイジョン)と右議政(ウイジョン)を少論派が独占するようになった。英祖をかついでいる老論派は最大の危機を迎えた。
しかし、英祖は世弟の立場をかろうじて守ることができた。それは、景宗が弟思いだったからだ。
英祖は間違いなく心優しい兄に救われたのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

英祖〔ヨンジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝4

英祖(ヨンジョ)とイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)の悲劇!

張禧嬪(チャン・ヒビン)の息子の景宗(キョンジョン)が即位!朝鮮王朝全史20

張禧嬪(チャン・ヒビン)の栄光と転落!朝鮮王朝三大悪女に迫る3

張禧嬪(チャン・ヒビン)の死罪!朝鮮王朝の重大な事件簿6

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る