思悼世子(サドセジャ)とイ・サンの麗しき親子愛!

 

それは1762年のことだった。思悼世子(サドセジャ)が米びつに閉じ込められて餓死する事件が起こった。このとき、思悼世子の息子はどのように動いたのか。時代劇『イ・サン』と史実の世界を比較してみよう。

ドラマはどう描いたか

時代劇『イ・サン』の第1話の冒頭には、思悼世子が米びつに閉じ込められている場面が登場する。
そこに、思悼世子の息子のサン(当時10歳で後の22代王・正祖〔チョンジョ〕)が現れる。
サンは「世子の後継者」という意味の世孫(セソン)という立場なのだが、米びつに近づいてはならないという王命にそむき、危険をかえりみずに父に会いにきた。
サンは米びつの前で悲嘆に暮れる。
「なぜ、このようなことに……。絶対にあってはいけないことです」




すると、米びつの中からかすれた声がする。
「誰がいるのか、世孫なのか」
「はい、サンでございます」
ようやく父と話を交わすことができたが、サンは涙が止まらなかった。
父が尋ねた。
「おまえは無事なのか」
「ええ、父上様」
「それならばいい。もう行きなさい。ここにいてはいけない」(ページ2に続く)

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)に確執が生まれた日

世子の「イ・ソン」と言えば思悼世子(サドセジャ)のこと!

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)が進めた政治改革!朝鮮王朝全史23

イ・サン(正祖)はどのようにして亡くなったのか

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る