景福宮(キョンボックン)!歴史の荒波を乗り越えて甦った王宮

 

初代王・太祖(テジョ)が朝鮮王朝の正宮として建造した景福宮。朝鮮王朝最初の王宮は、幾度となく戦渦に巻き込まれ、焼失と再建を繰り返す。現在もソウル中心部で、最も威厳ある姿を見せている朝鮮王朝の象徴がたどった数奇な運命とは……。

正門の光化門(クァンファムン)




正門の向きをめぐる論争

1392年、高麗王朝を滅ぼし、朝鮮王朝を建国した李成桂(イ・ソンゲ/太祖〔テジョ〕)は、高麗を懐かしむ民心を安定させるため、首都を開京(ケギョン)から移すことを決心した。
風水を信奉していた李成桂の望む土地は、首都の後方に山々がそびえ立ち、前方に川が流れる「背山臨水」だった。こうした場所は龍脈と言われ、風水的に精気が充実した土地といわれていた。この条件に最適な場所として白羽の矢が立ったのが、朝鮮半島の中心部に位置する漢陽(ハニャン)である。この漢陽が現在のソウルだ。
遷都はすぐに終わったが、王宮を築く段階になると、正門の向きをめぐって側近たちの間で激しい論争が起こる。中でも李成桂が重用していた鄭道伝(チョン・ドジョン)と無学(ムハク)大師の対立は深刻だった。
儒教を信奉する鄭道伝は、“長く続く王朝を築くためには、南側に向かって政務をしなければならない。よって、正門は南向きにすべきだ”といい、仏教徒である無学大師は“南側に災いを招く山があるので、それを回避するためにも、東向きに王宮を建てるべきだ”と主張した。




この論争は、スタートを切った新しい王朝が、儒教と仏教、どちらの教えを国教にするかと同じ意味を持った。
最終的に李成桂は、鄭道伝の主張を受け入れた。つまり朝鮮王朝は、儒教を国教とすることに決めたのである。
1395年、正宮としての景福宮の建設が始まった。
景福宮という名を付けたのも鄭道伝である。「景福」は中国の古典「詩経」に由来する言葉で、「王とその子孫たちが長く福を受け入れることを望む」という意味になる。李成桂も、この名を受け入れ、朝鮮王朝初の正宮の号とした。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る