金万徳(キム・マンドク)!大ピンチの済州島を救った女商人

多くの尊敬を集めた金万徳

金万徳はこの現状を打開するために、全財産を投げ打ち本土に出向くと、大量の食糧を仕入れ、島民に無償で配り始めた。金万徳の自己犠牲によって、済州島は最大の危機を乗り越えることができた。
彼女の行ないはすぐに22代王・正祖(チョンジョ)の耳に届いた。正祖は彼女の望むことをなんでも叶えるように伝令を走らせた。
しかし、金万徳は「当然のことをしただけです」と、その申し出を断った。




王命に背くわけにはいかず困り果てた伝令。その姿を不憫に思った金万徳は、「都を見学し、金剛山(クムガンサン)に登ってみたい」と答えた。
当時、済州島の女性は都に行ってはならない掟があった。しかし、正祖は金万徳の申し出を快く受け入れた。こうして彼女は女性の身でありながら、悠々と都や金剛山を観光し、故郷に帰っていった。
金万徳はその後も済州島で尊敬を集めて幸せに暮らしたという。済州島にはいまもなお「犬のように儲け、万徳のように使う」ということわざが残されている。

英祖〔ヨンジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝4

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)に確執が生まれた日

『イ・サン』が描いた英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲劇とは?

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)が進めた政治改革!朝鮮王朝全史23

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る