正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

第5回 名君として知られる有名な王

朝鮮王朝22代王・正祖(チョンジョ)は、ドラマ『イ・サン』や映画『王の涙-イ・サンの決断-』の主人公として有名になった王だ。王になる前から命を危険にさらされていたが、いったい何故なのだろうか。

正祖は慶熙宮の崇政殿で即位式を行なった

正祖は慶熙宮の崇政殿で即位式を行なった

父親は思悼世子

祘(サン/正祖の名前)の父親は、朝鮮王朝21代王・英祖(ヨンジョ)の息子である荘献(チャンホン)だ。しかし、彼は政敵や身内に陥れられてしまい、米びつに閉じ込められてしまう。父親を何とか助け出そうとする祘は、英祖に「父上を助けてください」と言うが、その願いが叶うことはなかった。
結果的に、荘献は8日目に米びつの中で餓死しているのが見つかったが、いつ亡くなったのかはわからない。




その後、祘は英祖から英才教育を受けるが、そのことに恐怖を感じた政敵が送り込んできた刺客に命を狙われるが、祘は「服を着替えずに寝る」などの機転を利かせて危機を逃れた。
1776年に英祖が亡くなったことで、祘が22代王・正祖として即位する。
正祖は、即位してすぐに父親を陥れた者たちを絶対に許さないという意志を示した。(ページ2に続く)

イ・サンは本当に毒殺されたのか

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

貞純(チョンスン)王后!思い通りに政治を牛耳った王妃

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る