貞熹(チョンヒ)王后!思うがままに政治を操った王妃

貞熹王后の垂簾聴政

貞熹王后が次の王に指名したのは、自分の孫の中でも兄である月山君ではなく弟の者山君のほうだった。彼女は、「斉安大君は幼く、月山君はからだが弱いため王になるべきではない」と詭弁(きべん)を弄(ろう)した。
しかし、本当の理由は違う。彼女は王が成長するまでの間、王の後継人として権力を振るいたかったのだ。者山君なら青年だった月山君よりも長く垂簾聴政を行なえると思ったのだ。1469年、者山君は9代王・成宗(ソンジョン)として即位した。
貞熹王后の思惑どおり、成宗が成人するまでの7年間、彼女は垂簾聴政を続け、宮中で好き勝手に振る舞った。




その間、成宗は政治に一切関わることがなく、日夜勉強を続けた。これが後の名君の下地になった。
貞熹王后は用意周到だった。王位から外された斉安大君と月山君が復讐しないように、彼らに高い身分を与えて手厚くもてなした。このあたりの配慮を見ても、貞熹王后は人間の本質をよく見抜いた女性だった。

貞憙(チョンヒ)王后が選んだ成宗(ソンジョン)!朝鮮王朝全史6

斉献(チェホン)王后を廃妃にした成宗(ソンジョン)!朝鮮王朝全史7

世祖(セジョ)!甥から王位を奪った国王

首陽大君(スヤンテグン)〔世祖(セジョ)〕が開いた秘密会議!

敬恵〔キョンヘ〕王女!朝鮮王朝一の美貌を誇った王女

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る