貞憙(チョンヒ)王后が選んだ成宗(ソンジョン)!朝鮮王朝全史6

 

1468年に7代王・世祖(セジョ)が世を去り、二男が王位を継いだ。それが8代王の睿宗(イェジョン)である。しかし、わずか19歳で亡くなり、朝鮮王朝の王位継承問題は混迷した。

 

徐々に体調が悪化

世祖の長男は19歳で原因不明の死を遂げていた。さらに、二男も王位に就いてすぐに亡くなった。世祖の息子は2人とも19歳で命を落としたことになる。世祖は甥の端宗(タンジョン)から王位を奪った非道の王であったが、その祟(たた)りが息子に及んだと当時は噂された。
それにしても、睿宗(イェジョン)の早世は朝鮮王朝にとって痛手だった。
彼は生まれつき温和で能力も高く、早くから多くの信頼を得ていた。また、公私の区別が厳格で、彼の乳母が側近の犯した罪を許してもらえるよう嘆願しても、「王になった以上、私情で動くわけにはいかない。それは乳母であるお前の頼みでも同じだ」と突っぱねた。




そんな睿宗は、父親の世祖が病んだ時には自ら看病に努めるほどの孝行者だった。
「父上の膳と薬はすべて一度私が口をつけさせてもらおう。それが、死んだ兄上の代わりにできる唯一の親孝行なのだ」
その気持ちは高貴だとしても、昼夜を問わない看病は彼の体を徐々に蝕んでいった。また、最高統治者という国王の激務に追われた睿宗は、もともと良くなかった身体をさらに悪化させてしまった。
そんな彼を臣下たちは憂いの眼差しで見つめた。
「おからだが優れないご様子です。今はどうか休んで我らにお任せください」
そう言う臣下たちの不安をよそに睿宗は「ならぬ! 国にとって今が一番大事な時だ。私がしっかりせねば、父の覇業が無駄になってしまう。心配するな。私はいたって健康そのものだ」と言って、話を聞かなかった。(ページ2に続く)

光宗(クァンジョン)はどんな王だったのか/三国高麗国王列伝8

光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る