悲惨な最期を遂げた端宗(タンジョン)に涙する

反逆の土地

端宗が寧越に配流されている最中、端宗の復位を企てた錦城大君(クンソンデグン/世祖の弟)が反逆者として告発された。
錦城大君は、実の兄の王位強奪を公然と批判したため、不穏分子とみなされて慶尚北道(キョンサンブット)の順興(スヌン)に流されていた。しかし、秘密裏に同志を募り、端宗を復位させる計画を念入りに始めていた。




錦城大君は順興の責任者を抱きこみ、その地を反乱の拠点に据えた。そして端宗を順興に招き、大義名分をもって世祖を追放しようとした。しかし、彼に仕える女性奴婢が夫の出世のために計画書を盗んでしまう。こうして計画はすぐに韓明澮(ハン・ミョンフェ)のもとへ伝えられた。
韓明澮は世祖の側近中の側近。彼は、多くの兵を率いて順興を強襲し、錦城大君を拘束した。
さらに、計画の拠点となった順興は、世祖によって“反逆の土地”として解体され、順興土着の役人から一般庶民まで多くの命が断たれてしまった。
世祖はこれで済ませなかった。
ついに端宗の殺害を決めたのだ。(ページ3に続く)

あまりに悲しき端宗(タンジョン)の運命!

端宗(タンジョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝8

朝鮮王朝の悲劇の王「端宗(タンジョン)」の最期とは?

端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)!朝鮮王朝全史5

死六臣(サユクシン)!端宗に尽くした見事な忠誠心

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る