死六臣(サユクシン)!端宗に尽くした見事な忠誠心

 

朝鮮王朝人物列伝/第28回

「死六臣」とは、成三問(ソン・サムムン)を初めとした、端宗(タンジョン)に忠誠を誓った6人のことである。どのようにして彼らが「死六臣」と呼ばれるようになったのだろうか。

端宗への忠誠心を見事に貫き通した「死六臣」

端宗への忠誠心を見事に貫き通した「死六臣」

端宗復位運動

端宗は、父親の5代王・文宗(ムンジョン)が在位わずか2年3カ月で世を去ったことで、11歳で6代王として即位した。しかし、大変な野心家だった叔父の首陽大君(スヤンデグン)が、「幼い端宗より自分が王になるべきだ」と考えていたので、強引に端宗から王の座を奪い、7代王・世祖として即位した。そんな強引なやり方に対して、当然ながら反抗の意を示した高官は多かった。その中心人物となったのが、「死六臣」の1人である成三問だ。




彼は、とても頭が良くて21歳のときに科挙に合格した。そして、4代王・世宗(セジョン)を支え、ハングルの創製にも関わった。
彼は同志を募って、端宗を王に復位させるためのクーデターを計画した。決行する日は、中国の明の使節の歓迎行事が行なわれるときだ。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る