首陽大君(スヤンテグン)〔世祖(セジョ)〕が開いた秘密会議!

11歳の若さで即位

1450年、世宗は信頼できる若い学者たちに「世孫を頼む」と言って亡くなった。
直後に、世子が5代王・文宗(ムンジョン)として即位。世孫も世子に昇格した。しかし文宗は、すぐに体調を崩し、在位の大半を病床で過ごした。
結果として王の権威は弱くなり、弟たちが勢力を強めていった。特に首陽大君は露骨に王位を狙い、臣下の中に支持者を広げていった。
文宗は心労を募らせ、病状を重くする。




1452年、死期を悟った文宗は、金宗瑞(キム・ジョンソ)ら重臣たちに死後を任せるとの遺命を託し、息を引き取った。こうして、世子は11歳の若さで6代王・端宗(タンジョン)として即位した。
成人していない王が即位した場合、王族の最長老女性が垂簾聴政(=王の代わりに執政すること)を行なうのが一般的だった。しかし、端宗にはそれも難しかった。なぜなら、母・顕徳王后は端宗を産んだ3日後に亡くなり、先代、先々代の王妃も他界していたからだ。
端宗は聡明だったが、11歳での執政は無理があった。そのため、端宗の治世初期は、文宗の遺命を受けた重臣たちによる政治が行なわれた。
彼らは強大な力を持つ首陽大君を牽制するため、世宗の三男の安平大君(アンピョンデグン)を支持し、対立構造を強めた。
そんな緊迫した情勢の中、首陽大君のもとを韓明澮(ハン・ミョンフェ)という男が訪ねてくる。(ページ3に続く)

世祖(セジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝9

世祖(セジョ)の非道!朝鮮王朝の重大な事件簿2

端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)!朝鮮王朝全史5

甥の端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)の悲劇とは?

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る