世祖(セジョ)の非道!朝鮮王朝の重大な事件簿2

 

朝鮮王朝6代王・端宗(タンジョン)は、叔父である首陽大君(スヤンデグン/7代王・世祖〔セジョ〕)によって王の座を奪われている。首陽大君は、いったいなぜそのようなことをしたのだろうか。

egF1uKkYzjtL36Y1494377629_1494377697

『王女の男』ではキム・ヨンチョルが世祖を演じた

秘められた野心

1452年、5代王・文宗(ムンジョン)が世を去ったことで、彼の長男である端宗が11歳で6代王となった。しかし、その直後から不穏な動きを見せる人物がいた。それが、端宗の叔父にあたる首陽大君である。




大変な野心家だった彼は、幼い王の端宗を補佐する皇甫仁(ファンボ・イン)と金宗瑞(キム・ジョンソ)が、王の補佐を理由に政治権力を独占していることで王権が弱体化していると思い、敵意を抱いていた。
決起をしようと考えていた首陽大君は、自分の同志となる高官たちを自邸に集めて激しく議論を重ねた。しかし、いざとなると優柔不断な者も多く、何かと理由をつけて逃げ腰になる者もいた。その雰囲気によって一度は首陽大君の決意が揺らだが、最終的に決心した彼は、2人の従者を連れて金宗瑞の屋敷に向かった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る