イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)の餓死!朝鮮王朝全史22

22代王が即位

英祖は思悼世子の死後、思悼世子の息子を世孫(セソン/王の後継者となる孫)に指名した。世孫は悲しみを乗り越えて、立派な王になるべく帝王学を必死に学んだ。とはいえ、彼の立場はとても危ういものだった。
父を死に追いやった臣下たちが報復を恐れて、息子を失脚させようともくろんでいた。世孫にとって恐ろしいのは、宮中でそうした派閥が最も力を握っていたことだ。そのため、命を狙ってくる刺客は多く存在しており、世孫は寝るときも襲撃にそなえて常に衣服を着ていた。




もちろん、父の仇を討ちたいという衝動が強かったのだが、必死に耐えながら王になる日を待ち続けた。
死と隣あわせの生活を送りながらも忍従の日々を送った世孫。1775年になると、80歳を超えた英祖は自分が高齢で病気がちなことを理由に、政務のほとんどを世孫に任せるようになった。翌年、英祖は82歳で亡くなり、世孫が22代王の正祖(チョンジョ)として即位した。
この正祖こそが、ドラマ『イ・サン』の主人公になった名君だった。

文=慎 虎俊(シン ホジュン)

世子の「イ・ソン」と言えば思悼世子(サドセジャ)のこと!

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

最高実力者になった李成桂(イ・ソンゲ)!朝鮮王朝全史1

トンイから徹底的な教育を受けた英祖(ヨンジョ)!朝鮮王朝全史21

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)に確執が生まれた日

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る