『雲が描いた月明り』でイ・ヨンを助けた茶山(タサン)は丁若鏞(チョン・ヤギョン)!

たった一度の出会い

貞純王后は、キリスト教徒に政敵が多いという理由でキリスト教徒の大弾圧を行なった。このとき、丁若鏞の親族にキリスト教徒が多いという理由で彼は流罪となり、都から追われてしまった。
しかし、その不遇の時代に丁若鏞は学者として優れた業績を残し、数々の名著を書いている。
言ってみれば、丁若鏞が朝鮮王朝最高の実学者と呼ばれているのも、流罪のときに執筆に専念できたからなのであった。
人間、何が転機になるかわからない。




その後、罪を許されて丁若鏞は都に戻ってきたのだが、様々な政変の中で波瀾万丈な人生を送った。最終的には、漢方薬に関してすばらしい見識を持っており、医者としても能力を発揮している。
なお、『雲が描いた月明り』では、パク・ボゴムが演じたイ・ヨンとアン・ネサンが演じた丁若鏞は、頻繁に会ってお互いに意見の交換を行なうのだが、2人が本当に会ったのはイ・ヨンこと孝明世子(ヒョミョンセジャ)が重病に陥って床に伏せているときだった。
王族に仕える侍医たちでは手の施しようがなくなり、丁若鏞に診察を願ったのである。
1830年5月5日、丁若鏞は孝明世子を診察したが、もはや助かる見込みはなかった。それでも丁若鏞は最善を尽くそうと思い、自分のところにある薬を取り寄せようとしたのだが、使いの者が来る前に孝明世子は5月6日に亡くなってしまった。
孝明世子にしてみれば、最期に当代随一の丁若鏞に診てもらったのが、せめてもの慰めだったかもしれない。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)はどれほど優秀だったのか?

イ・ヨン(孝明世子)が主役の『雲が描いた月明り』は史実とどう違う?

〔話題〕イ・ヨン(孝明世子)に代表される世子(セジャ)とは何か?

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る