イ・ヨン(孝明世子)が主役の『雲が描いた月明り』は史実とどう違う?

 

パク・ボゴムとキム・ユジョンが主人公を演じた『雲が描いた月明り』は、新しい感覚の時代劇として韓国で大ヒットした。このドラマは、実際の歴史とはどう違うのだろうか。具体的に解説してみよう。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより

イ・ヨンの生母

朝鮮王朝の王族でイ・ヨンと言えば、それはまさしく孝明世子(ヒョミョンセジャ)のことである。
孝明世子は、23代王・純祖(スンジョ)の長男として、1809年に生まれている。18歳のときに代理聴政(テリションジョン/摂政のこと)を行なって名君の素質を発揮したが、惜しくも1830年に21歳で早世している。




ドラマの中では、イ・ヨンの生母がすでに亡くなっていて、父親の純祖は再婚して新しい王妃を迎えていた。
しかし、イ・ヨンこと孝明世子の場合は、母親が純元(スヌォン)王后という68歳まで生きた王妃だった。
決して短命だったわけではない。
つまり、純祖のほうが純元王后より先に亡くなっているので、純祖が新しい王妃を迎えたということはなかった。
このあたりが、ドラマと史実で一番違うところである。
(ページ2に続く)

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

〔解説〕世子嬪(セジャビン)という人生/イ・ヨン(孝明世子)の世子嬪は?

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る