真相を語る張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝劇場1

王宮こそが人生のすべて

淑嬪・崔氏の告発を受けて調べたら確かに呪詛物が出てきたが、それを張禧嬪が埋めたという確証はなかった。淑嬪・崔氏が告発をして自分で埋めたという可能性が大いにあった。むしろ、淑嬪・崔氏が自分の産んだ王子を王にするためには、そこまでやらなければならなかったはずだ。
張禧嬪には呪詛をする動機がなかったが、淑嬪・崔氏には張禧嬪を陥れる動機があった。そういう意味では、疑わしいのは淑嬪・崔氏のほうではなかったのか。
さらに聞いてみた。




「あなたは、淑嬪・崔氏に陥れられて死罪になってしまったわけですね」
「そうなんです。私は何度も『自分がやったのではない』と弁明しましたが、主上(チュサン/王のこと)は信じてくれませんでした。そのことが一番悲しかったですね。でも、私には我が息子の世子を王にしたいという強い願望があったので、そのことだけを願いながら毒薬を飲んだのです」
そう語る張禧嬪は、400年以上前のことを振り返りながら悲壮な表情を浮かべた。そんな彼女が現代によみがえって、なぜ景福宮で入場券を売っているのだろうか。そのことについて、張禧嬪はこう語った。
「私にとって、王宮こそが人生だったのです。女官から側室になり、さらに王妃にのぼりつめたけれど、結局は頂点から転落してしまいました。でも、王宮こそが私の夢の場所であり、人生のすべてでした。400年たった今でも王宮から離れられないのです」
張禧嬪は景福宮で働けることに満足そうな表情を浮かべた。その姿は、「朝鮮王朝三大悪女」の1人には見えなかった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

粛宗(スクチョン)!王妃問題でトラブルが多かった国王

淑嬪・崔氏(スクビン・チェシ)!張禧嬪のライバル

張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る