キムチはいつから赤くなったのか?

 

韓国ドラマを見ていると、食事をするシーンがたびたび登場する。韓国時代劇でも、例外なく宴席や食事をする場面がクローズアップされる。その料理と言えば、誰もが真っ先にキムチを想像するのではないだろうか。日本の食卓でもすっかりおなじみになったキムチは、「赤くて辛い」という韓国料理のイメージを代表する料理である。しかし、この「赤くて辛い」キムチは、18世紀以降の話だ。

0194

宮廷料理に赤いキムチが出てこない

韓国時代劇『宮廷女官 チャングムの誓い』を例にあげてみよう。
このドラマは、水刺間(スラッカン/王や王妃の料理を作るところ)の下働きから11代王の中宗(チュンジョン)に信頼される医女になるまでを描いたドラマだ。この中で赤いキムチは全く出てこない。視聴者の中には、宮廷料理なのだから赤いキムチが登場すると思っていた人も多いのではないだろうか。




『宮廷女官 チャングムの誓い』は、1506年から1544年まで在位した中宗の時代が舞台であり、現在から500年くらい前になる16世紀前半の物語である。この時代には、トウガラシというものが朝鮮半島には存在しなかったのだ。
当時の朝鮮半島では、肉の腐敗を防ぐためにコショウを用いていた。しかし、コショウは自国で作り出すことが不可能で、全て輸入に頼っていた。それはとても価値の高いものだったのだ。
実は、トウガラシが朝鮮半島に根づくのは17世紀以降のことであった。(ページ2に続く)

トンイVS張禧嬪(チャン・ヒビン)/宿命の対決1〔出会い編〕

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典1「王の名前」

『オクニョ』が描くのはどんな時代?

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る