仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

仁祖が受けた屈辱

1636年、国号を清と改めた後金は「君臣として従属してほしい」と求めてきたが、朝鮮王朝側はそれを拒否した。
それに激怒した清は、12万の大軍を率いて再び朝鮮半島に侵攻した。このときも仁祖は江華島へ避難しようとしたが、清によってその道はすでに封じられていた。それを知った彼は、漢江(ハンガン)の南に位置する南漢(ナマン)山城で籠城を開始した。




しかし、この籠城は仁祖にとって非常に辛いものとなった。なぜなら、籠城するさいに重要となる食糧が少なく、固い床で寝なければならなかったからだ。その間も清の軍勢は都で略奪と放火を繰り返していた。そのため、まさに国家存亡の危機を迎えていたのである。
結果的に降伏せざるを得なくなった仁祖は、清の2代皇帝・太宗(テジョン)の前で土下座より屈辱的な謝罪をした。それは、3回ひざまずいて9回頭を地面にこすりつけるというものだった。朝鮮王朝の王は27人いるが、これほどの屈辱を受けた王はほかにはいない。(ページ3に続く)

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

綾陽君(ヌンヤングン)/仁祖(インジョ)の生涯〔前編〕

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

ページ:
1

2

3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る