要点でまとめた朝鮮王朝518年の歴史(前編)

新しい文字を作った国王

骨肉の争いを勝ち抜いた芳遠(パンウォン/李成桂の五男)はいったん兄を2代王に就かせて政権を裏で操り、1400年に3代王の太宗(テジョン)として即位した。
太宗は武闘派でありながら政治家としても優れていて、新米ほやほやの王朝をりっぱにまとめあげた。
さらに、太宗の息子で1418年に4代王となった世宗(セジョン)は、聖君と言われるほどの大人物で、官僚の人事から科学技術の発達まで多方面で卓越した政治手腕を発揮した。
中でも、世宗の最高の偉業とされるのが1443年に作られた訓民正音(フンミンジョンウム)である。これは現在“ハングル”と呼ばれている民族独自の文字であり、1446年に公布された。




それ以前に、朝鮮半島で使う文字は漢字しかなかった。この漢字は人々の発音を正確に表記することが困難で、しかも覚えるのが大変だった。それゆえ、使えるのは一部の特権階級に限られ、庶民は文字を使えない場合がほとんどだった。
そこで世宗は優秀な学者を集め、誰もが気軽に覚えられる文字として訓民正音を創製した。このことは本当に大きかった。訓民正音によって人々は自在に文字を使えるようになり、大衆文化が発展した。
現在の韓国で世宗が歴史上で一番尊敬されているのは、まさに訓民正音を作った功績が評価されたからだ。今では韓国のどの小学校に行っても、かならず世宗の銅像がある。

(中編に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

要点でまとめた朝鮮王朝518年の歴史(中編)

要点でまとめた朝鮮王朝518年の歴史(後編)

申師任堂(シンサイムダン)!イ・ヨンエが『師任堂、色の日記』で演じた女性

光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る