日本の古戦場〔第1回/姉川〕

_MG_4039

滅んだ浅井家の供養塔

ついに最終決戦

初めは朝倉軍が優勢だったのだが織田の本陣すらも危ないと悟った家康は、朝倉軍の側面を切り崩した。
これが功を奏して、浅井軍のほうも総崩れとなってしまった。結果的に9600人の死者を出した浅井・朝倉の連合軍の敗戦となった。
とはいえ、浅井・朝倉の連合軍にはまだ余力が残っていた。




最終決戦となったのは、1573年8月だった。
8月8日の夜に岐阜城を出陣した織田軍は、連合する浅井勢と朝倉勢の分断を狙い、8月13日には朝倉義景軍を越前の国境近くで破った。
惨敗した義景は15日にようやく根拠地の一乗谷に戻ったが、裏切り者が出て、8月20日に落ちのびた寺で自害した。信長に追い詰められた末に生きのびるすべがなかったのである。(ページ4に続く)

ページ:
1 2

3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る