世祖(セジョ)はなぜ朝鮮王朝でも評判が悪いのか

 

世祖は甥の端宗(タンジョン)から王位を奪って1455年に7代王となった。彼の祖父である3代王・太宗(テジョン)も異母兄弟と骨肉の争いを起こして王になっている。しかし、建国当時と違って、すでに儒教の倫理観が社会に浸透していた時期だっただけに、世祖の名分のない王権獲得は大きな反発を生んだ。

4VkeYW2nkrn46uL1498028151_1498028234




文治より覇道に走る

孝と忠を基本とする儒学者たちは世祖を王として認めなかった。
世祖を追い出そうとする動きが続き、エリート知識人たちが出仕を拒むなど、社会の混乱が顕著になった。
世祖は極端な方法で政敵を除去して自分の政権をつくったが、その過程で大臣たちの権力を縮小させ、王の立場を強化させた。文治より覇道に走ってしまったのだ。そうした独断的な政治による弊害が多かった。
また、世祖は甥の端宗や弟の安平(アンピョン)大君を死罪にするという非道をおかす一方で、自分の即位に貢献した韓明澮(ハン・ミョンフェ)や申叔舟(シン・スクチュ)などを異様に厚遇した。
その結果、側近の跋扈(ばっこ)を許し、彼らの権勢が様々な歪みを生んだ。
確かに、国が侵略を受けたときに命をかけて戦った人たちを称えるのは国家の義務だ。しかし、政権奪取に寄与したとして多くの者を功臣にすると、そこで問題が生じるのは自明の理だ。




何よりも、法よりも上の存在になった功臣たちは、図に乗って社会の安定に害を及ぼすことがよくあった。
それでも世祖が功臣たちを捨てられなかったのは、彼ら以外に頼れる者がいなかったからであろう。正統性の欠けた世祖は既存の勢力からの支持を得られなかったのだ。当然、自分のために集まった人を頼るしかなかった。
しかし、世祖のために集まった者というのは名分、価値観、哲学に従ってきた者たちではない。彼らが動いた理由は、そこに利益があるからだ。それゆえ、彼らを引き止めておくには、それ相応の利益を与え続けなければならなかった。
そうして功臣たちに次々と与えた特権が、数々の蛮行を招いた。そして、彼ら功臣たちの特権は後代まで世襲され、王権まで脅かすことになってしまった。
(ページ2に続く)

甥の端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)の悲劇とは?

『不滅の恋人』のイ・ガンのモデルは首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)!

首陽大君(スヤンテグン)〔世祖(セジョ)〕が開いた秘密会議!

世祖(セジョ)の非道!朝鮮王朝の重大な事件簿2

世祖(セジョ)!甥から王位を奪った国王

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る