朝鮮王朝で怪物のようにふるまった5人の王族女性とは?

 

朝鮮王朝で怪物のような5人の王族女性とは、貞熹王后(チョンヒワンフ)、仁粋大妃(インステビ)、文定王后(ムンジョンワンフ)、明聖王后(ミョンソンワンフ)、貞純王后(チョンスンワンフ)である。




最初の2人

◆貞熹(チョンヒ)王后
〔1418~1483年〕
7代王・世祖(セジョ)の正妻。1453年、夫がクーデターを計画したとき、その行動に躊躇があることを見のがさず、迷う夫に鎧を着せて気合で送り出した。クーデターは成功し、夫は王となったが、内助の功が本当に大きかった。時代劇『王女の男』でも最後まで重要な役に設定されていた。

◆仁粋(インス)大妃
〔1437~1504年〕
7代王・世祖(セジョ)の長男・懿敬(ウィギョン)の正妻。懿敬は世子だったので、本来なら王妃になるはずだったが、懿敬が19歳で夭逝したために叶わなかった。しかし、仁粋大妃が産んだ二男が9代王・成宗(ソンジョン)となり、王の母にあたる“大妃”となった。




朝鮮王朝の王族女性の中で一番学識があったと評価されており、息子の成宗に指図して様々な政治に関わった。
(ページ2に続く)

貞熹(チョンヒ)王后!思うがままに政治を操った王妃

燕山君(ヨンサングン)の暴力で命を縮めた仁粋(インス)大妃!

極ワルの文定(ムンジョン)王后

明聖(ミョンソン)王后の溺愛!朝鮮王朝の重大な事件簿12

巨悪だった貞純(チョンスン)王后

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る