宗廟(チョンミョ)/朝鮮王朝王宮探訪6

 

宗廟(チョンミョ)は正確に言うと王宮ではありません。しかし、ある意味では王宮以上に重要な場所でした。なぜなら、ここには朝鮮王朝の歴代の王と王妃の位牌が丁重に祀られているからなのです。

とにかく正殿(チョンジョン)の建物は長い

この建物の中に王と王妃の位牌が置かれている




世界最長級の木造建築物

宗廟の歴史は古く、朝鮮王朝の創設直後、正宮の景福宮(キョンボックン)とほぼ同時に建てられており、この施設は王族の威厳を内外に示すだけではなく、国の平穏を願って自然を尊ぶという意味を持っていました。そのために、宗廟は森に囲まれた静寂な場所につくられたのです。
祀られている王と王妃の位牌は、正殿(チョンジョン)と永寧殿(ヨンニョンジョン)に分けて保管されています。この2つの建物は、位牌が増えるたびに増築を繰り返したために、非常に横長になっているのです。正殿に至っては全長が101メートルもあり、単一の木造建築物としては世界最長級と言われています。
(ページ2に続く)

景福宮(キョンボックン)/朝鮮王朝王宮探訪1

昌徳宮(チャンドックン)/朝鮮王朝王宮探訪2

昌慶宮(チャンギョングン)/朝鮮王朝王宮探訪3

徳寿宮(トクスグン)/朝鮮王朝王宮探訪4

慶熙宮(キョンヒグン)/朝鮮王朝王宮探訪5

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る