燕山君(ヨンサングン)の追放!激動の朝鮮王朝史5

 

9代王の成宗は、1485年に「経国大典」を完成させる。これは、朝鮮王朝の基本法典になった重要な法律書だ。成宗の功績は大変大きいと言える。その長男が悪名高い10代王の燕山君(ヨンサングン)である。

姉の復讐

燕山君は最初こそ善政を行なうが、途中からおかしくなって酒池肉林に明け暮れて、さらに、気に入らない官僚たちを虐殺してしまう。
ここまで暴政がひどくなると、王朝の存続にかかわる。
「こんな王様じゃダメだ」
そう危機感をもった者たちが1506年にクーデターを計画した。
クーデターの中心人物が朴元宗(パク・ウォンジョン)だ。彼の姉は成宗の兄であった月山(ウォルサン)大君の妻だった。美貌で知られた女性だが、なんと燕山君が犯してしまったのである。その結果、月山大君の妻は自決してしまう。
あまりに悲しい出来事だった。月山大君といえば、燕山君の伯父である。その妻を辱めるというのは言語道断だ。




こんな男が長く王位に留まれるわけがない。
特に、朴元宗は月山大君の妻の弟だったから、姉の復讐を果たすためにも、クーデターを成功させなければならなかった。
(ページ2に続く)

燕山君(ヨンサングン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝11

燕山君(ヨンサングン)の母は朝鮮王朝で初めて廃妃になった元王妃!

燕山君(ヨンサングン)の暴力で命を縮めた仁粋(インス)大妃!

朝鮮王朝実録が記した燕山君(ヨンサングン)の追放と中宗(チュンジョン)の即位!

中宗(チュンジョン)は不本意な王だった

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る