貞明公主の波乱万丈の人生9「善行」

 

1636年12月、朝鮮王朝が強大な清に攻められたときだった。貞明公主は漢江(ハンガン)の河口の近くの江華島(カンファド)に避難しようとした。用意した船に財産をすべて載せて、貞明公主はまさに陸地を離れようとしたのだが……。

4_SsL6FVkQicFef1486975125_1486975171




避難してきた民衆を救出

清が都の漢陽(ハニャン)を攻めたとき、多くの民衆が我先に逃げだした。まさに、都は大混乱に陥ったのである。
貞明公主が江華島に避難しようとしたときも、かなりの数の民衆が船着場にやってきた。誰もが恐怖におののき、一刻も早く安全な場所まで逃げたいと必死だった。
それを見た貞明公主はお付きの者に命令した。
「荷物を全部下ろして、できるだけ多くの民を船に乗せなさい!」
即座にそう言われても、お付きの者たちは躊躇(ちゅうちょ)した。船に積んでいたのは、あまりに高価なものばかりだったからだ。
しかし、貞明公主に迷いはなかった。
彼女は毅然とした意志を示して、船から荷物を下ろさせ、できるだけ多くの人たちを船に乗せた。
命を救われた民衆たちは、口々に貞明公主を称賛した。
「さすがに名高い貞明公主様です。このようなお方の徳のおかげで、さぞかし子孫が繁栄することでしょう」
民衆たちの言葉に間違いはなかった。




貞明公主は夫の洪柱元(ホン・ジュウォン)との間に7男1女をもうけたが、息子たちは相応に出世し、さらに子孫の中から優秀な人物が次々に輩出した。
たとえば、名君と呼ばれた22代王・正祖(チョンジョ)を補佐して活躍した洪国栄(ホン・グギョン)がそうだ。
彼は韓国時代劇『イ・サン』にもよく登場した高官だが、貞明公主の子孫として歴史に名を残した人物であった。
(ページ2に続く)

貞明公主の波乱万丈の人生1「誕生」

貞明公主の波乱万丈の人生2「悲劇」

貞明公主の波乱万丈の人生3「才能」

貞明公主の波乱万丈の人生7「危機」

貞明公主の波乱万丈の人生8「苦難」

貞明公主の波乱万丈の人生10「晩年」

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る