鄭道伝(チョン・ドジョン)を初めとする「朝鮮王朝五大高官」は誰か

歴史に名を残した2人

◆趙光祖(チョ・グァンジョ)
〔1482~1519年〕
大変優秀な高官で、11代王・中宗(チュンジョン)に重用された。それに応えて、中宗に対して倫理観に基づいた儒教的な王道政治を勧めた。しかし、中宗の即位に功績があった高官たちを「権力を独占している」と批判して多くの政敵をつくってしまった。結局は、謀略によって失脚させられて死罪となった。

◆朴文秀(ぼく・ぶんしゅう/パク・ムンス)
〔1691~1756年〕
地方役人の不正を正す捜査官「暗行御史(アメンオサ)」の代表人物として、時代劇の主人公にもなっている。




元は、歴史を編纂する優秀な官僚だった。順調に出世していたが、33歳のときに権力争いに巻き込まれて官職を剥奪された。3年後に復職。以後は、暗行御史として各地を巡回し、役人の腐敗を徹底的に調べて庶民の喝采を浴びた。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

太祖(テジョ/李成桂〔イ・ソンゲ〕)/朝鮮王朝おどろき国王列伝13

李芳遠(イ・バンウォン)は太宗(テジョン)になって何をしたのか?

悲惨な最期を遂げた端宗(タンジョン)に涙する

『不滅の恋人』のイ・ガンのモデルは首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)!

中宗(チュンジョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝12

中宗(チュンジョン)はなぜ端敬(タンギョン)王后を守れなかったのか

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る