最高の名君だった世宗(セジョン)/朝鮮王朝人物列伝特選15

「訓民正音」の創製

世宗が在位中に取り組んだことの中で、最も大きな功績が、民族固有の文字「訓民正音(フンミンジョンウム)」を創製したことだ。いったい、どういう理由でそうなったのだろうか。
当時の朝鮮王朝では主に使われていた文字は漢字である。しかし、漢字を使えたのは特権階級(官僚や知識人など)の者だけで、庶民はまったく使うことができなかった。それを知って心を痛めた世宗は、民族固有の文字の創製に取り掛かった。それが1443年に完成した「訓民正音」で、公布されたのは3年後の1446年だ。今では、ハングルという名称になって広く浸透しているが、創製した当時は庶民に広く伝わらなかった。なぜかと言うと、漢字を使うことのできた特権階級の者たちが、自分たちの特権が脅かされることを恐れて、普及を妨げていたからだ。




そして、世宗は1450年に世を去るが、ハングルを創製したことが彼の名声を揺るぎのないものとし、「朝鮮王朝最高の聖君」と呼ばれ、韓国の小学校にはかならず世宗の銅像がある。それだけ尊敬を集める世宗は、まさに偉大な王と言える。

文=康 大地(コウ ダイチ)

世宗(セジョン)と正祖(チョンジョ)の実例!朝鮮王朝の王の食膳とは?

ハングルを作った世宗(セジョン)!朝鮮王朝全史4

名君・世宗(セジョン)の誕生!朝鮮王朝全史3

『不滅の恋人』のイ・ガンのモデルは首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)!

安平大君(アンピョンデグン)はどういう人物だったのか

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る