人質から帰った昭顕(ソヒョン)世子を仁祖(インジョ)はどう迎えた?

 

1636年12月、強大な清は大軍で朝鮮王朝を攻めた。朝鮮王朝はあえなく降伏。16代王の仁祖(インジョ)は、清の皇帝の前で頭を地面にこすりつけて謝罪した。ここまで王が屈辱を受けたのは、建国以来一度もなかった。

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより




西洋の文化にかぶれた昭顕

降伏した朝鮮王朝は、莫大な賠償金を課されたうえに、仁祖の息子3人が人質として清に連れていかれた。その事態を仁祖はひどく悲しんだ。
清に屈伏した責任はすべて仁祖に向けられたわけで、庶民たちはそんな情けない王に怒りを露(あら)わにした。
一方、清の人質になった仁祖の息子3人の長男が昭顕だった。
彼は長かった人質生活を終えて1645年に戻ってきた。しかし、昭顕は清で生活している間に、すっかり西洋の文化の魅力に取りつかれてしまった。仁祖への帰国挨拶のときも、西洋の文化のすばらしさを伝え、朝鮮王朝にも取り入れることを提案した。
そんな息子の姿を見た仁祖は憤慨し、近くにあった硯(すずり)を投げつけた。




仁祖は、西洋の文化にかぶれてしまった昭顕より、彼の弟の鳳林(ポンニム)を次の王にしようと考え始めた。ところが、昭顕は帰国してから2カ月後に急死してしまう。その死因に関しては分からないことが多いが、仁祖が息子を毒殺した可能性がある。
清への屈辱を晴らすことを考えていた仁祖が、鳳林を次の王にしたいと考えた理由は、実際に清の人質となった鳳林が、自分と同じように清を憎み続けていたからだろう。
(ページ2に続く)

悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執

光海君(クァンヘグン)を廃位にした仁祖(インジョ)に正当性はあるのか

〔編集〕仁祖(インジョ)!何度も王宮から逃げ出した国王

最大の屈辱で恥をかいた仁祖(インジョ)!朝鮮王朝全史17

貴人(キイン)趙氏(チョシ)!仁祖(インジョ)の極悪な側室(前編)

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●特選記事
●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

以上のように各ジャンルに分かれています。特に「日本と韓国の歴史」の中にある「朝鮮王朝全史」は、27回にわたって朝鮮王朝の歴史を建国から滅亡まで大事件を中心にしながら解説したものです。朝鮮王朝の歴史を全体的に時系列で読み通すのに適しています。


必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

ページ上部へ戻る