貴人(キイン)趙氏(チョシ)!仁祖(インジョ)の極悪な側室(前編)

 

朝鮮王朝人物列伝/第34回

貴人(キイン)趙氏(チョシ)は、16代王・仁祖(インジョ)の側室だった女性だ。いったい彼女は存命中に何をして悪女と呼ばれるようになったのか。貴人・趙氏の人生の歩みを辿ってみよう。

仁祖と趙氏は、王宮の昌慶宮で毎日のように暮らしていた

仁祖と趙氏は、王宮の昌慶宮で毎日のように暮らしていた

仁祖に愛された女官

1629年、趙氏は仁祖の最初の正室である仁烈(インニョル)王后に従う女官として王宮に入ってきた。
1636年12月、中国大陸の清が約12万の大軍で攻めてきた。強力な清の軍勢に対して仁祖は、都の漢陽(ハニャン)の南にある山城に籠ってうろたえるばかりだった。そうしている間に、清は漢陽を占拠してやりたい放題。その被害を受けた庶民は、仁祖のだらしなさを嘆いた。




50日間の籠城の末、山城を出た仁祖は、清の皇帝の前で地面に頭をこすりつけるという屈辱的な謝罪をしている。清は朝鮮王朝に莫大な賠償金を課したうえに、仁祖の息子である長男の昭顕(ソヒョン)、二男の鳳林(ポンリム)、三男の麟坪(インピョン)を人質として連れていってしまった。
仁祖は王宮の昌慶宮(チャンギョングン)に戻るが、妻の仁烈王后がすでに1635年に世を去っていた。身内がほとんどいない寂しさの中で、彼が一番頼りにしたのが女官の趙氏だ。それを好機だと捉えた趙氏は、仁祖に取り入って王の寵愛を受けた。(ページ2に続く)

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る