簡潔に読む!韓国の歴史〔高句麗の滅亡(前編)〕

 

高句麗(コグリョ)は、百済(ペクチェ)や新羅(シルラ)と並ぶ古代の大国として知られている。特に、伝統的に騎馬軍団が強く、ドラマ『太王四神記』の主人公だった広開土大王(クァンゲトデワン)が統治した時代(391~412年)には朝鮮半島の歴史の中で最大の領土を誇った。それゆえに、今でも韓国で広開土大王は圧倒的な尊敬を受けてる。

961B7278

高句麗最後の英雄

広開土大王の全盛期から約200年後、高句麗の名将として活躍したのが淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)だった。
彼はドラマ『淵蓋蘇文』で描かれたように、高句麗最後の英雄として有名だ。
生まれた年は定かではないが、幼い頃から勇敢で聡明だった。
淵蓋蘇文は、莫離支(マンニジ)という高句麗最高の官職についた祖父と父を持ち、自身もわずか15歳で後を継いだ。




若くして権力を手に入れた淵蓋蘇文の名は広く知られていくが、同時に彼に嫉妬して反発する者も増えていった。そのため、用心深かった彼は常に5本の刀を身につけて万事に備えた。
631年、高句麗王である栄留王(ヨンニュワン)は、大陸からの侵攻に備えて、西側の国境地帯に「千里の長城」と呼ばれる城の建築を始めた。
しかし、遅々として進まない工事に業を煮やした栄留王は、淵蓋蘇文を責任者として派遣した。
大役を与えられた淵蓋蘇文は、工事現場に直接出向き自ら陣頭指揮を取った。すると、今までの遅れが嘘のように工事は順調に進んでいった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る