許浚(ホ・ジュン)はどんな人物だったのか

 

許浚(ホ・ジュン)は1546年に生まれています。世を去ったのは1615年です。その69年の人生は、まさに朝鮮半島の医学の発達に捧げた生涯でした。本当に「偉人」と呼ぶにふさわしい存在でした。




王からの信任が厚かった

許浚を語る上では、庶子(妾の子供)であったという事実を見逃せません。朝鮮王朝時代は身分制度が厳格で、庶子は出世できないことになっていました。許浚も苦しい境遇になったのです。
それでも、許浚は卓越した才能に恵まれていました。
本来、庶子であっただけに医師としての出世を望めなかったのですが、1590年に世子(セジャ/王の正式な後継者)であった光海君(クァンヘグン)の天然痘を治したことから、王族たちに認められました。
1592年に豊臣軍が攻めてきたとき、14代王・宣祖(ソンジョ)は都が陥落する前に北方に逃げますが、ずっと許浚が帯同しています。
腕の良い医師として、王からの信任がよほど厚かったのでしょう。庶子出身で大出世した許浚は妬みの対象になってかなり足を引っ張られますが、それを乗り越えて医師として大成していきます。




1596年、許浚は宣祖から次のように言われます。
「わが国の医学書は中国の古典医学書を参考にしているが、風土も食べものも違う中でそのまま受け入れるのは無理がある。わが国に見合った医学書を作ってみよ」
(ページ2に続く)

『七日の王妃』歴史解説!燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)と端敬(タンギョン)王后の運命

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

中宗(チュンジョン)が離縁した端敬(タンギョン)王后の悲しき人生!

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る