昭顕世子の妻だった姜氏(カンシ)の悲しき運命!

度重なる悲劇

「なぜ私たちがこんな目にあわなければならないのか……」
姜氏が号泣する姿が側近たちによって何度も目撃されている。
そんな彼女を救える人は、すでに宮中にいなかった。むしろ、仁祖の意を酌(く)んで彼女に罪をなすりつけようという輩(やから)が多かった。
その中で1646年に「アワビ事件」が起こった。これは、仁祖が食べるアワビに毒が盛られていたという騒動だった。




犯人探しが始まったが、真っ先に疑われたのが姜氏だった。彼女がそんな大それたことをするのは無理だったのに、仁祖の息がかかった者たちが口をそろえて姜氏の疑惑を並べ立てた。
冤罪(えんざい)を弁明する機会もなく、姜氏は庶民に落とされ、死罪となった。これほど無念の死があろうか。しかも、3人の息子も済州島に流罪となり、上の2人は疑惑が残る死に方をした。
このように、姜氏の親族は根こそぎ排除された。それは、鳳林が王になるうえで心配の種となっている一族の抹殺を意味していた。
昭顕夫妻にとって、人質として瀋陽にいるときが、外国の文物に触れて一番幸せだったのかもしれない。2人は視野を広げて開化思想に触れたがゆえに、保守的な王に嫌われて一族もろとも命を失った。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康熙奉(カン・ヒボン)著『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(実業之日本社)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執

不可解な昭顕世子(ソヒョンセジャ)の死!朝鮮王朝全史18

昭顕(ソヒョン)世子は人質から帰国直後に毒殺された

昭顕(ソヒョン)世子毒殺事件の真相!

仁祖(インジョ)と貴人(キイン)・趙氏(チョシ)が捏造した毒アワビ事件!

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●特選記事
●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

以上のように各ジャンルに分かれています。特に「日本と韓国の歴史」の中にある「朝鮮王朝全史」は、27回にわたって朝鮮王朝の歴史を建国から滅亡まで大事件を中心にしながら解説したものです。朝鮮王朝の歴史を全体的に時系列で読み通すのに適しています。


必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

ページ上部へ戻る