イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は「漢方薬の達人」だった!

最良の漢方薬を飲んだのだが……

6月28日、正祖が「煎じ薬をどのようにすれば良いのか」と尋ねた。医官は「気を補う薬を使いながら、脾臓を温かくする必要があります」と答えた。
しばらく後に、煎じ薬が正祖の病床に運ばれてきた。
正祖が「誰が作ったものなのか」と尋ねた。
医官は「姜最顕(カン・チェヒョン)が作ったものですが、多くの者と相談して決めた煎じ薬です」




すかさず正祖が「5匁(もんめ/重さの単位で約3・75グラム)くらいか」と尋ねると、医官が「人参(にんじん)が3匁入っています」と答えた。
その説明に納得した正祖だったが、結局は漢方薬が彼を救うことはできなかった。
正祖はその後に危篤状態になってしまい、そのまま帰らぬ人となった。
侍医と同じくらい漢方薬に詳しかった正祖。当時の医療レベルでは、正祖も48歳まで生きるのが精一杯だった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)が進めた政治改革!朝鮮王朝全史23

イ・サン(正祖)は即位直後に老論派(ノロンパ)を厳しく処罰した

実際に起こったイ・サン(正祖)暗殺未遂事件!

イ・サン(正祖)はどのようにして亡くなったのか

正祖(チョンジョ)の宿敵だった貞純(チョンスン)王后/悪女たちの朝鮮王朝2

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る