朝鮮王朝はなぜ518年間も続いたのか

 

朝鮮王朝を描いた時代劇で一番よく登場してくるのは、王ではないだろうか。なんといっても、「朝鮮王朝実録」によって王の言動のあらかたが把握されている。即位から亡くなるまで、王は毎日の行動と発言を側近たちによって記録され続けたのだ。これだけ人物像がはっきりしていると、時代劇に出すときも好都合なのだ。




王権の安定度

「朝鮮王朝実録」は、歴代王の事績を記録した編年体の正史である。王が亡くなったあとに編纂が始められ、王に仕えた秘書と記録官の記述をもとに作成された。
この「朝鮮王朝実録」を読めば、どの時代にどんな出来事があって、それに対して王がどう語ったかがわかる。
韓国の時代劇で王が重要な役割を担っているのは、「朝鮮王朝実録」を参考にして史実に沿った制作ができるからなのだ。まさに、韓国時代劇のネタ本は何をさしおいても「朝鮮王朝実録」ということになる。
とりわけ注目したいのが、歴代王の即位に至る経緯である。
なぜそこにこだわるかといえば、王権の安定度に決定的に影響しているからだ。もっとわかりやすくいえば、「正室から生まれたのか、側室から生まれたのか」「長男なのか、二男以下なのか」「生母が生きているのかどうか」「信頼できる側近がいたのか」といった要素で、王の立場というものが大きく違うのである。




実際、王は絶大な権限をもつ唯一無二の存在だけに、そこに群がる親族や家臣が欲望をむきだしにして争い、王の後継者をめぐって血が流れたことが何度もあった。後継者選びも一筋縄にはいかないのだ。
(ページ2に続く)

甥の端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)の悲劇とは?

『七日の王妃』歴史解説!燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)と端敬(タン ギョン)王后の運命

仁宗(インジョン)!毒殺された可能性のある王

光海君(クァンヘグン)は暴君なのか?名君なのか?

518年間の王朝政治の終焉!朝鮮王朝全史27

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●特選記事
●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

以上のように各ジャンルに分かれています。特に「日本と韓国の歴史」の中にある「朝鮮王朝全史」は、27回にわたって朝鮮王朝の歴史を建国から滅亡まで大事件を中心にしながら解説したものです。朝鮮王朝の歴史を全体的に時系列で読み通すのに適しています。


必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

ページ上部へ戻る