518年間の王朝政治の終焉!朝鮮王朝全史27

 

1876年、朝鮮王朝は日本と修好条規(江華島条約)を交わしたが、それをきっかけにして、朝鮮王朝はアメリカ、フランス、ロシアなどとも通商条約を結んだ。しかし、それらは外国の武力に威嚇されて結んだ不平等条約だった。

繰り返される政変

外国との交流が盛んになるにつれて、高宗(コジョン)は若い学者たちを日本に留学させた。その過程で朝鮮半島には日本の政治や経済の影響が及び、親日家も増えていった。しかし、それを受け入れられない勢力が生まれた。
彼らは追放された興宣大院君(フンソンデウォングン)をリーダーにして、結束を固めていく。
その勢力は、1882年になると閔妃(ミンビ)の暗殺を目的としたクーデターを起こした。このクーデターは、標的だった閔妃に逃げられたものの、政権奪取という目的を果たした。しかし、逃亡した閔妃もまた捲土重来を期していた。




「今は逃げるしかない。けれど、清の力を借りて返り咲いてみせる」
閔妃は清に助力を求め、王朝内で巻き返しをはかった。
それが成功し、今度は興宣大院君が清に捕虜として連行された。再び、絶大な権力を手にした閔妃だが、この一件によって清の言うことに逆らえなくなってしまい、朝鮮王朝は極端な親清政策に傾いていった。
こうなると、日本から多くを学んできた親日家の不満が大きくなっていき、王朝内では
親清派と親日派が対立するようになった。(ページ2に続く)

高宗(コジョン)の父と閔妃(ミンビ)の争い!朝鮮王朝全史26

イ・ヨンの父・純祖(スンジョ)の苦悩!朝鮮王朝全史24

憲宗(ホンジョン)と哲宗(チョルチョン)の不幸!朝鮮王朝全史25

〔編集〕韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る