粛宗(スクチョン)・英祖(ヨンジョ)・正祖(チョンジョ)はどう生きたのか

 

1392年に建国された朝鮮王朝も、17世紀なかば以降の後期になると、各派閥による権力闘争が激しくなり、王権は常に脅かされるようになった。こうした権力闘争は「党争」と称されるが、朝鮮王朝の病巣となって常に政権を揺さぶった。そんな時代に朝鮮半島を統治した王の顔ぶれを順に見てみよう。




粛宗の統治能力は?

1674年に即位した19代王の粛宗(スクチョン)は、父が18代王・顕宗(ヒョンジョン)、その正妻の明聖(ミョンソン)王后が母である。両親は1男3女をもうけたが、その一人息子が粛宗だった。
しかも、顕宗には側室が産んだ子供もいなかった。つまり、粛宗は生まれたときから顕宗の後継者として宿命づけられていた。これほど争いもなく王位を楽に受け継いだ王は、朝鮮王朝でも他にいないと言えるほどだった。
それほど磐石な王位継承ではあったが、父の急死にともなって13歳で即位したために、当初は重臣たちの思惑に翻弄されるところも多かった。
結局、粛宗の在位期間に党争が非常に激しかったのは、粛宗があまりに若すぎる年齢で即位したことも原因の一つだった。
それでも、粛宗は成人後に政治的な業績を数多く達成して高い統治能力を示したが、宮中での女性問題で何かと火種をつくったのも事実だ。たとえば、欲深い張禧嬪(チャン・ヒビン)を側室から王妃に昇格させるために、人徳があった正妻の仁顕(イニョン)王后を廃妃にしたのもその一例だ。




そういう問題を数多く起こしたが、今となっては結果的に恰好のネタを時代劇に提供したことになる。
それゆえにドラマへの登場回数も多くなっていて、現在の韓国でもよく知られた王になっている。(ページ2に続く)

粛宗(スクチョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝7

英祖〔ヨンジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝4

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

張禧嬪(チャン・ヒビン)を寵愛した粛宗(スクチョン)!朝鮮王朝全史19

『イ・サン』が描いた英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲劇とは?

ページ:

1

2 3 4

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る