悲惨な最期を遂げた端宗(タンジョン)に涙する

あまりに悲しい最期

朝鮮王朝の正式な歴史書である「朝鮮王朝実録」には、錦城大君の失敗にショックを受けて端宗は首を吊って自殺したと書かれている。
しかし、これはあくまでも殺した側の記述である。野史(民間に伝承される歴史書)には、端宗の最期を語るものが多く残されている。それによると、端宗は世祖の使者たちによって殺されたも同然だった。
時代劇は端宗の死をどう描いたのか。
『王と妃』でも端宗の死が描かれているが、ここでは「朝鮮王朝実録」とは違う解釈がなされていた。




劇中、端宗はすでに死を受け入れていた。そして、夜中に役人が訪ねてくると、賜薬が与えられて丁重に葬ってもらえるものだと勘違いして、微笑みすら浮かべていた。しかし、安堵する端宗の背後から、他の役人が絞殺してしまい、その遺体は川に放り投げられてしまった。
そこにナレーションが重なり、端宗の死にはいろいろな説があることを説明する……。あまりに悲しい最期であった。
端宗を殺害したあと、世祖に反抗する動きはようやく沈静化した。
それは世祖の狙いどおりなのだが、歴史が彼を許さなかった。
今でも韓国で世祖は「非道な王」として非難されている。

あまりに悲しき端宗(タンジョン)の運命!

端宗(タンジョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝8

朝鮮王朝の悲劇の王「端宗(タンジョン)」の最期とは?

端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)!朝鮮王朝全史5

死六臣(サユクシン)!端宗に尽くした見事な忠誠心

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る