思悼世子(サドセジャ)とイ・サンの麗しき親子愛!

叶わなかった助命嘆願

さらに父は言った。
「かならず聖君になれ。何があっても、私のことで恨みを抱いてはいけない。憎しみと怒りで身を滅ぼしてはならないのだ。わかったか、サンよ。父の教えを守れるな」
父はそこまで言うと、息子に早く戻るように言い聞かせた。




以上は、ドラマ『イ・サン』の描き方だが、史実でもサンは、英祖(ヨンジョ)から自害を命じられて王宮の中庭でひれ伏している思悼世子の助命を願い出ている。そのことを証明するかのように、歴史書は次のように記している。
「サンも、現場にやってきた。サンは思悼世子の後ろにひざまずいて、祖父に『父を許してください』と必死に懇願したが、すぐに帰されてしまった」
そのあとで、思悼世子は英祖の命令によって米びつに閉じ込められて餓死してしまったのである。
まだ10歳だったサンは必死に父の助命を願ったが、叶わなかった。
しかし、非業の死をとげた父への追慕を生涯忘れず、朝鮮王朝の歴史に残る偉大な名君になった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)に確執が生まれた日

世子の「イ・ソン」と言えば思悼世子(サドセジャ)のこと!

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)が進めた政治改革!朝鮮王朝全史23

イ・サン(正祖)はどのようにして亡くなったのか

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る