高宗(コジョン)の父と閔妃(ミンビ)の争い!朝鮮王朝全史26

政権を奪った閔妃

閔妃は、もともと安東・金氏のような外戚勢力の台頭を防ぐため、力の弱い一族から興宣大院君が直々に選んだ娘だった。しかし、閔妃は興宣大院君の目を盗んで、高宗や他の王族を味方に付けて、自分の一族を要職に就けていった。
こうなると興宣大院君の立場はどんどん弱くなる。高宗が20歳の誕生日を迎える頃には、大院君は権力を失って宮中から追放されてしまった。




「力のない一族の娘だからと軽く見ていたのが失敗だった。まさかこんな目にあわされるとは……」
そう嘆く大院君だが、彼は政権を取り戻すためにあらゆる復権工作を行った。それによって朝鮮王朝内の混乱はひどくなる一方だった。
しかし、今や権力を握っていたのは閔妃のほうだった。彼女は興宣大院君と反対に開国政策を進めた。
この政策はそれ以前の方針とガラリと違ったために、政治的に新たな混乱を招いたが、外国の最新技術が国内に入ってきて様々な学術分野が発展したのも事実だった。

文=慎 虎俊(シン ホジュン)

憲宗(ホンジョン)と哲宗(チョルチョン)の不幸!朝鮮王朝全史25

なぜ景福宮(キョンボックン)は273年間も放置されたのか?

イ・ヨンの父・純祖(スンジョ)の苦悩!朝鮮王朝全史24

世子の「イ・ソン」と言えば思悼世子(サドセジャ)のこと!

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る