憲宗(ホンジョン)と哲宗(チョルチョン)の不幸!朝鮮王朝全史25

 

23代王・純祖(スンジョ)の妻であった純元(スヌォン)王后。彼女の父が金祖淳(キム・ジョスン)だった。王の義理の父となった彼は、自分の一族である安東(アンドン)・金氏(キムシ)による勢道政治を進めた。これは、王の外戚が中心になって行なう政治のことである。

不本意だった憲宗

純祖は政治を牛耳る安東・金氏の一族を止めることができず、1834年に無念のまま世を去った。すでに彼の長男は亡くなっていたので、その孫が24代王の憲宗(ホンジョン)としてわずか7歳で即位した。
憲宗が幼かったこともあり、祖母の純元王后が代理で王政を行なった。憲宗自身が政治を仕切るようになったのは、14歳になってからだった。その間に、安東・金氏は一段と力を付けて、王の権力を上回るほどだった。
安東・金氏が私腹を肥やす過程で、一番被害を受けたのは庶民だった。少しもよくならない生活に嫌気がさした人々は、各地で大規模な反乱を起こしていく。
また、安東・金氏の勢道政治に不満を持つ人物は、庶民だけではなく官僚の中にも多くいた。彼らは新しい王を擁立しようとして政局の転覆を狙ったが、それが失敗に終わり、首謀者たちは残虐に処刑された。




1845年、国政が乱れ切っている中で、さらなる問題が起こった。イギリスの船が朝鮮王朝の領海に無断侵入してきたのだ。朝廷は中国大陸の清を通して正式に抗議したが、イギリスからの返答はなかった。
また翌年には、純祖時代に起きた天主教(カトリック)弾圧事件に対して、殺された3人の宣教師の母国であるフランスから責任を問う書簡も届いた。
忍び寄る外国勢力の恐ろしさ……。民衆の心には、「この国にもう未来はないのかもしれない」といった気持ちが蔓延していった。
憲宗は、民心が離れていくのを見ていることしかできなかった。彼は安東・金氏から権力を取りあげようと動いたこともあったが、勢力があまりに強大すぎたために傍観せざるをえなかった。
1849年、憲宗はなんと22歳の若さでこの世を去った。勢道政治に振り回された彼は、王として何も残せなかった。(ページ2に続く)

哲宗(チョルジョン)!教養のない王

孝明世子(ヒョミョンセジャ)/イ・ヨンの実母の純元(スヌォン)王后は誰?

純元(スヌォン)王后の悪政!朝鮮王朝の重大な事件簿9

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の父の純祖(スンジョ)は誰?

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る