なぜ景福宮(キョンボックン)は273年間も放置されたのか?

 

景福宮(キョンボックン)は朝鮮王朝の建国当初から正宮だった。それほど重要な場所であったのに、1592年の豊臣軍の攻撃時に焼失してから、再建されずにずっと放置されたままだった。

DSC_0010

景福宮(キョンボックン)の正殿の勤政殿(クンジョンジョン)

273年間の「ほったらかし」

1592年に焼失した景福宮がようやく再建されたのは1865年のことだった。つまり、273年間も「ほったらかし」にされたのだ。正宮なのに、なぜこんなことになってしまったのか。
それは、景福宮が建っている位置に問題があった、という説がある。




実は、景福宮が最初に建設されたのは、朝鮮王朝の創設から3年後の1395年のことだった。
このとき、景福宮の敷地をめぐって激しい論争があった。(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る