イ・ヨンの父・純祖(スンジョ)の苦悩!朝鮮王朝全史24

 

正祖(チョンジョ)の突然の死によって後を継いだのは二男で、23代王・純祖(スンジョ)となった。『雲が描いた月明り』の主人公になったイ・ヨン(孝明世子)の父である。彼が即位したときはまだ10歳と幼く、英祖の継妃である貞純(チョンスン)王后が代理で王政を行なった。

悪夢の宗教弾圧

貞純王后の基本政策は、天主教(カトリック)の教徒への徹底した弾圧だった。
「天主教は王朝の存在を根底から否定する邪教だから、根絶しなければならない。私に逆らう人間の多くが天主教に興味を持っているのも都合がいい。これを機会に政敵を一気に排除してやろう」
そう考えた貞純王后は、天主教禁止令を全国に発令した。その取り締まり方法として、「五家作統法」という制度を利用した。
この制度は、5組ずつの家族がお互いに強盗や窃盗などの犯罪行為を監視しあい、犯罪への抑止力にするものだ。




貞純王后はこの制度で取り締まる項目の中に天主教を加えた。
一般庶民は取り締まりの厳しさにただ恐怖するしかなかった。5組の家の中に天主教徒が1人でもいたら、連帯責任で全員が死罪となった。
その結果、多くの無関係の人が理不尽に殺された。被害者は数万人にも及んでいて、大半は巻き添えだった。
この虐殺劇は辛酉の年(1801年)に起きたので「辛酉迫害」と言われている。結果として、貞純王后の政敵は捕まったり殺されたりした。それをきっかけに貞純王后は、自分の息のかかった人を政権の中枢にすえた。(ページ2に続く)

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の父の純祖(スンジョ)は誰?

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

正祖(チョンジョ)の宿敵だった貞純(チョンスン)王后/悪女たちの朝鮮王朝2

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る