イ・ヨンの父・純祖(スンジョ)の苦悩!朝鮮王朝全史24

「洪景来の乱」

反乱が起きても安東・金氏は反省せず、どんなに有能な人材だろうとも、自分たちの意にそぐわない人間には、満足な官職を与えなかった。
こうした反乱の最たるものが洪景来(ホン・ギョンネ)が首謀者となった「洪景来の乱」である。これは1811年に起こり、5カ月で政府軍に鎮圧された。
しかし、「洪景来の乱」の以後も朝廷では相変わらず勢道政治が続き、これに不満を持った人たちが全国各地で大小の反乱を次々と起こした。反乱の首謀者たちの中には自らを洪景来だと名乗り「洪景来は生きている」と称した。




多くの反乱が結果として敗北したが、力のない庶民層も集団で立ち上がれば政府を動かせると証明した。これは同時に、朝鮮王朝の権威の失墜を意味していた。
そんな状況を純祖は心苦しく思っていた。しかし、彼は実権のほとんどを安東・金氏に握られていて、蚊帳の外に追いやられているようなものだった。実際、純祖にできることは少なかった。
純祖は34年間王位に就いていたが、幼い頃は後見人に実権を握られ、成人してからは勢道政治に振り回された。
彼は1834年に44歳でこの世を去った。名君・正祖の息子ではあったが、その統治は父の名声に比べるべくもなかった。

文=慎 虎俊(シン ホジュン)

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の父の純祖(スンジョ)は誰?

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

正祖(チョンジョ)の宿敵だった貞純(チョンスン)王后/悪女たちの朝鮮王朝2

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る