世子の「イ・ソン」と言えば思悼世子(サドセジャ)のこと!

陥れられた世子

英祖の二番目の正室となった貞純(チョンスン)王后も、老論派の重要な家門の出身であった。
彼女もまた、イ・ソンの悪評を英祖の耳に入れた張本人の1人だ。
このように、イ・ソンは老論派に囲まれるような形になっていて、悪意のある人たちが彼を陥れようとしていた。
1762年、老論派の指示を受けた官僚が「世子が謀叛を起こそうとしています」という訴えを起こした。
英祖の場合、本来なら息子を信じなければいけないのに、逆にその告発を真に受けてしまった。




英祖はイ・ソンをきつく叱責した。
とにかく、かんしゃく持ちだった英祖は、一度激怒すると抑えがきかないところがあった。
イ・ソンは王宮の中庭で、英祖に対して平伏しながら許しを乞うたのだが、適切な弁明をすることができず、さらに窮地に追い込まれていった。
後日、イ・ソンは英祖によって自害を命じられた。
しかし、イ・ソンは自害をせずにただ泣き崩れているだけだった。(ページ4に続く)

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)〔第1回/老論派の陰謀〕

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)に確執が生まれた日

思悼世子(サドセジャ)の悲劇!朝鮮王朝の重大な事件簿7

呆然とする思悼世子(サドセジャ)/朝鮮王朝劇場5

ページ:
1 2

3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る