呆然とする思悼世子(サドセジャ)/朝鮮王朝劇場5

 

思悼世子(サドセジャ)とは誰か?
生没年は1735年~1762年。21代王・英祖(ヨンジョ)の息子で、母は英祖の側室であった映嬪(ヨンビン)・李(イ)氏。思悼世子は幼い頃から頭脳明晰だった。しかし、成人してから素行が悪く、英祖の逆鱗(げきりん)に触れて自決を命じられた。従わなかったので、米びつに閉じ込められて餓死した。

oFEiHJqR4Ln5v2I1504590768_1504590800

神童とまで呼ばれた世子

思悼世子に会った。
彼は、昌慶宮(チャンギョングン)の文政殿(ムンジョンジョン)がよく見える林の中で呆然と座り込んでいた。
文政殿といえば、1762年に思悼世子が米びつに閉じ込められて餓死した場所である。もっとも嫌な場所であるはずなのに、その近くで未だにウロチョロしているとはどういうことなのか。そのあたりを率直に聞いてみた。




「本来なら、文政殿は一番嫌な場所じゃないんですか?」
「米びつの中で無念のまま餓死させられた。悔しくて仕方がない。なぜ父上は、あのようにむごいことをしたのか。それがわからないだけに、こうして今でも文政殿が見える場所で呆然と座り込んでいるのだ」
「あなたは、英祖の二男として生まれて世子(セジャ)にもなりました。小さいころから頭脳明晰で、神童とまで呼ばれた人でしたよね」
「そうだったね。10歳のときには王朝の公式会議にも出て、いろいろな改革案を述べたりしたものだよ」
「しかし、そのときに老論派(ノロンパ)を批判してしまって、それで老論派からにらまれたわけですよね」(ページ2に続く)

痛恨の事件を語る英祖(ヨンジョ)/朝鮮王朝劇場3

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)〔第1回/老論派の陰謀〕

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る