思悼世子(サドセジャ)が餓死した後で妻の恵慶宮(ヘギョングン)はどうなった?

長生きした恵慶宮

息子の行為が信じられなかった英祖は、思悼世子に真意を問いただす。それに対して思悼世子は何とか弁解するが、その言葉は届かなかった。
結局、英祖と思悼世子の確執は深まる一方となった。
ついに、英祖は思悼世子に自決を命じた。しかし、思悼世子はそれを拒んだ。
最終的に、思悼世子は罪人として米びつに閉じ込められ、その中で餓死してしまった。




息子が死んで初めて英祖は、自分の行ないを後悔した。思悼世子を自分の手に掛けたことで自責の念に駆られるのであれば、なぜ、もっと早く許してあげなかったのだろうか。
夫である思悼世子が餓死するときに何もできなかった恵慶宮。罪人の妻として実家に戻された彼女は、自分の夫を陥れた実家をそれでも守ろうとした。
実際に彼女が書いた『恨中録(ハンジュンノク)』という本には、夫よりも自分の実家を守るような文が多かった。
恵慶宮は1815年に80歳で世を去っている。つまり、彼女は1800年に亡くなった息子の22代王・正祖(チョンジョ)よりも長生きしたのである。

文=康 大地(コウ ダイチ)

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)に確執が生まれた日

『イ・サン』が描いた英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲劇とは?

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

イ・サン(正祖)はどのようにして亡くなったのか

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る