貞明(チョンミョン)公主は晩年をどう過ごしたのか

大地主となった理由

貞明公主は夫の洪柱元(ホン・ジュウォン)との間に7男1女をもうけた。息子たちは立派に出世していった。その子孫の中には、名君と呼ばれた22代王・正祖(チョンジョ)を補佐して活躍した高官の洪国栄(ホン・グギョン)など、優秀な人物が多い。
一方、54歳で世を去った仁祖の後を継いで、17代王・孝宗(ヒョジョン)として即位したのは、二男の鳳林(ポンニム)である。




その後、朝鮮王朝の王位は孝宗から18代王・顕宗(ヒョンジョン)、19代王・粛宗(スクチョン)へと移っていくが、貞明公主は王族の長老女性として丁重な処遇を受けた。
特に、貞明公主は豪華な屋敷や広大な土地を所有し、裕福に暮らしていた。彼女がそのように暮らすことができたのは、母親の仁穆(インモク)王后がクーデターを起こした仁祖に大義名分を与えたからだ。
それによって、大義のためにクーデターを起こしたことを証明することができた仁祖は、仁穆王后へのお礼として、貞明公主に広大な土地と豪華な屋敷を贈ったのである。(ページ3に続く)

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

貞明公主!結婚式での有名なエピソード

数々の悲劇に耐えた貞明(チョンミョン)公主!

https://goo.gl/T6Uk8Y

貞明(チョンミョン)公主の危機!仁祖に執拗にいじめられた

https://goo.gl/UL5Ex5

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る